山口片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

引っ越しでの礼儀とは、「引っ越し先のご近所に挨拶をする」ということでしょうか。

引っ越しをしたらなるべくその当日、もしくは翌日くらいまでに挨拶を済ませておくのが理想でしょう。

アパート・マンション等の集合住宅に引っ越しをした場合、近年において特に賃貸物件では引っ越しの挨拶をあまりしない人が多いのですが、やはりやっておくのが理想です。

基本となるのは、大家、アパート・マンション等の管理人、両隣と自身の上下階の部屋、ここに挨拶に行くのが一般的でしょう。

この中でも、やはり大家と管理人への挨拶は欠かせません。

住んでいる場所がわからない場合もありますが、近所や同じ棟等に住んでいる場合は必ず挨拶に行きましょう。

大家や管理人と仲良くなっておくことで、今後の生活に必ずプラスになります。

やはり集合住宅は騒音等トラブルになるケースもありますので、最初からできるだけ良好な関係を築いていくことが大事です。

一軒家に引っ越した場合とアパート・マンション等の集合住宅に引っ越した場合とでは若干勝手が違いますが、挨拶の品を用意して近所に挨拶に出掛けることは同じ。

一軒家に引っ越した場合、向こう三軒両隣、町内会長さんに挨拶に行くのが通常のようです。やはり近所ですから、必ずどこかでご近所さんと会うことがあるでしょう。

そんな時、挨拶をしていないと気まずいですしその後の関係も難しくなりがちです。

逆に挨拶をすることで、引っ越し先の分からないこと、悩みごとに力を貸してくれたり、近所でのトラブル等から助けてくれたりするものです。

引っ越し挨拶と手土産

さて、引っ越しをして、引っ越しの挨拶に行くのですが、簡単な挨拶の品を持参できれば心遣いもできる相手と思われるでしょう。

もちろん手ぶらで挨拶に行っても構いませんが、その時は後日相手の負担にならないものを持参するといいでしょう。

では、いったい何をどれくらいで買えばいいのか、目安としては隣近所等には、500円から1,000円くらいの品を、大家や管理人等には1,000円から2,000円程度のものを買っておきましょう。

難しく考えてしまいますが、隣近所には1,000円前後、大家さんにはワンランク上のもの、が理想的ということです。

持参する物としては、タオルや洗剤などの日用品、クッキーやインスタントコーヒー、紅茶等の食品類が無難です。

他にもいろいろあるとは思いますが、手元に残るものよりは、消耗品を買っておけば相手にも負担にならずに済みます。

また生ものよりは日持ちのするものがお互いに都合がいいと思います。

堅苦しく考えないで下さいね。
「挨拶」なのですから。

引っ越しで挨拶は必要なの?

近年、特に賃貸物件での引っ越しで、引っ越し先の近所に挨拶をしない人が増えてきています。引っ越しと挨拶

あるアンケートでは約6割の方が引っ越しの挨拶に行かないとも言われています。

近所でもどんな人が住んでいるか分からないし挨拶にいくのも・・・と思うことがあるでしょう。

しかし、それでも引っ越しの挨拶はやっておきたいです。

隣近所、誰が住んでいるのか分からない、これは大変恐いことでもありますし、ここで人間関係を築く努力をしておかないと、後になってからでは難しいものです。

先にも述べましたが、一軒家に引っ越した場合、向こう三軒両隣、町内会長さんに挨拶に行きましょう。

賃貸物件を含むアパート・マンション等の集合住宅に引っ越しをした場合、大家・アパート・マンション等の管理人・両隣と自身の上下階の部屋、ここには挨拶に行っておきましょう。

大家や管理人への挨拶は、できるだけやっておきましょう。

大家や管理人と仲良くなっておくことで、今後の生活に安心感が生まれるからです。

挨拶を行うことは、近所に住む人々がどんな人か簡単に把握することにもなりますので必ず行っておきましょう。

ただし女性の場合はむやみやたらに「一人暮らし」であることを言わないほうがいい場合も。